更年期障害かも?症状をセルフチェックしてみた。あてはまる項目多し!

こんにちは!ミティコです。

年上の友人が顔だけ暑い!暑い!と
髪の毛が濡れるくらい汗を流していて
びっくりしたことがありました。

更年期だから仕方ないんよ!と言ってましたが
まったく他人事のように聞いていました。

そのころの友人と同じ歳になった今、
このことだったのか!と
同じような思いをしています。

ホットフラッシュですね。

動いてもいないのに暑くてたまらない。
カァーっと火照るんです!

更年期障害とはなんぞや?
正しい知識を手に入れたいと思います。

栄養補給にも使える!
温スムージーの詳細はこちらから↓

更年期障害かも?症状はさまざま。女性ホルモンの減少が原因

更年期かも?セルフチェックしてみよう

1 .顔がほてる
2. 汗をかきやすい
3. 手足が冷えやすい
4. 息切れ・動悸がする
5. 寝つきが悪い・眠りが浅い
6. 怒りやすくイライラする
7. くよくよしたり憂鬱になる
8. 頭痛・めまい・吐き気がよくある
9. 疲れやすい
10. 肩こり・腰痛・手足の痛みがある

更年期障害とは

閉経の平均は50.5歳。

それを挟んだ前後10年間を
更年期と言います。

卵巣から分泌される女性ホルモンは
20歳から30歳までがピークで
40歳以降は急激に低下します。

なのに脳が卵巣にもっと
女性ホルモンを出せと指令を出します。

出ないものを出せと卵巣が指令を受けるので
自律神経の調節が狂ってしまうのです。

そして心身に不調を抱えることになります。

日常生活に支障が出るほどの
症状が出てしまうことを
更年期障害と呼びます。

症状の重い軽いには個人差があります。
ほとんど症状がない人もいます。

どこで受診したらよいの?

婦人科・更年期外来・女性外来で
受診しましょう。

血液検査で分かります。
ホルモン濃度を測定します。

・卵胞ホルモン(エストロゲン)の低下
・卵胞刺激ホルモン・黄体形成ホルモンの上昇
・他の病気がないか

この項目で診断されるようです。

女性をとりまく環境が症状を左右する

ようやく育児も最終段階に差し掛かっていたり
早くも終わってホッとしていたりする年齢。

あるいは社員として頑張って働いてきた女性は
重要なポストを任されたり
それなりの役職を得ていたり
するのではないでしょうか?

気が抜けてしまった、頑張り続けていて
ストレスがたまっている。

人によっては育児がやっと落ち着いたと思ったら
間髪あけずに介護が始まったり。

50歳前後の女性には
目が回るような変化がてんこ盛りです。

なんとかなるさ~🎵で乗り切れる人もいれば
重い症状に苦しむ人もいます。

本人の性格や環境、生活習慣などにより
症状の出方も様々。

ではどのような症状があるのでしょうか。

更年期障害のおもな症状

・のぼせ・ほてり・発汗
・頭痛・肩こり・腰痛
・イライラする
・疲労感
・憂鬱
・めまい・しびれ・動悸
・手足の冷え
・不眠

など多彩な症状があります。

うつ病や重大な病気が隠れていたりなど
更年期障害によく似た症状でも
また違う病気の場合があります。

素人判断はせず婦人科などで
きちんと検査を受けましょう。

更年期障害の治療はおもに3つ

1.ホルモン補充療法

エストロゲンの不足で症状が出ている場合は
補充する治療を行います。

服薬で根本的な治療です。
保険適用です。

2.漢方薬

軽い症状の場合漢方薬を
症状の緩和を目的に使う場合があります。

3.抗うつ治療薬・向精神薬

薬だけでなくカウンセリングが
有効な場合があります。

更年期障害を乗りきるには

食事の改善

大豆は体内に入るとエストロゲンと
同じ働きをすることが分かっています。

コレステロール値を下げる役割もあるので
豆腐や納豆など大豆製品を取りましょう。

規則正しく食事をとることも大事です。

生活の改善

睡眠障害も更年期障害の症状です。
夜更かしせず早寝早起きに
生活リズムを変えましょう。

しっかり運動をして
体を疲れさせ眠りの質を向上させましょう。

趣味を持つ

サークルに入るのもよいでしょう。
夢中になれる何かを見つけましょう。

ストレス解消にもつながり
気分が上がります。

生きがいや楽しみを見つけて
生き生きとした毎日を送ることです。

更年期障害かも?症状が似ている!
男性にも更年期障害があった!

男性の更年期障害

血液中の男性ホルモン(テストステロン)の減少で
中年男性にもよく似た症状が
みられることがあります。

女性と共通している症状もあります。
手足の冷え・イライラ・動悸・
息切れ・不眠・倦怠感など。

テストステロンは活力や
積極性の源泉となるホルモンです。

疲労感や倦怠感が強く出るのは
そのためです。

性欲の低下やED(勃起障害)も
見られます。

治療法

いくつかありますが男性ホルモンの
筋肉注射や漢方薬治療が一般的です。

筋肉を使うとテストステロンが
増えるので運動することが大事。

ストレス解消にもなるので
ウォーキングから始めてみましょう。

女性の更年期障害と同じく
趣味や生きがいを持つことで
生き生きした毎日を送ることです。

たんぱく質をしっかり取って
食事の改善をはかり
規則正しい生活を送りましょう。

更年期障害には頭を無にして
運動が有効!RIZAPへGO☆

更年期障害かも?症状をセルフチェックしてみた、まとめ

セルフチェックしてどうでしたか?

素人判断は危険です。
必ず当てはまる項目が多いなと
感じたら医療機関を受診してください。

私にもたまにあるホットフラッシュ。
ひどくなったら受診しようと思います。

手足の冷えは更年期というより
自身の筋肉不足なので
引き続き筋トレにいそしみます。

あてはまる項目で一番深刻なのは
睡眠障害なんです。

眠りが浅く、ちょっとした物音で
目が覚めてしまいます。

更年期と結びつくのかどうか。

引き続き研究してみようと思います。

たとえ更年期障害になったとしても
生きがいを見つけ楽しみながら
生き生きと過ごせば
症状が軽減することが分かりました!

「楽しく生きる!」

これに尽きます✨

アラフィフ女性の希望の星を
探し求めて生きていくぞ❗

すべての更年期障害の女性が
明るく楽しく生き生きと
過ごせるようにお祈りしています‼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です