痩せたい!でも食べたい・・ストレス食いで腹回りが大変なことになっている問題

こんにちは!ミティコです。

アラフィフには日々いろんな問題が起こるのですが
特にのっぴきならない状況になっているのが
日に日に成長している腹回りのお肉です。

その名を「ぜい肉」と言います。

改めて言うこともないその「ぜい肉」ですが
元々あたしはここにいたわよ!と言わんばかりに
主張・・いや成長を遂げています。

このままいくとあきらかに健診で
忠告を受けることになりそうです。

頭が痛い腹のぜい肉問題を考えていきたいと思います。

はるな愛さんが愛飲中の
置き換えダイエットはこちら! ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

痩せたい!でも食べたい・・意志の弱さが
腹回りのぜい肉を増長させた?

仕事三昧の日々

子供の学費を稼ぐため昼夜問わず働き詰め。
なので食べれる時に食べておかねばと
お腹を満たせばそれでいいという食べ方。

栄養のバランスを考えるのは
家族に食べさせるための食事と弁当の時のみ。

自分は残り物をかっ込む生活でした。

自分のために割く時間がなく
いつも家族優先。

職場に行けば若い社員さんに気おされ
言いたいことの半分も言えず。

ストレスのボルテージがどんどん上がっているのに
それにすら気づく余裕もありませんでした。

ストレスのはけ口

手っ取り早くストレスを解消できるのが食欲。
しかも甘いもの。

とにかく甘いものが食べたい!

かばんの中にはいつも飴やら
チョコレートやらが入っていました。

果物も毎日。

朝バナナ1本は当たり前、毎食後に
桃やブドウ、ミカン・リンゴなど
別腹感覚で食べていました。

友人と食事に行ってもかならずデザート付き。

ランチよりデザートに重きをおいて
がっつりランチした後にケーキやパフェを
平気でぺろりと平らげていました。

甘いものを食べると血糖値が急激に上がって
一時的に満足感が得られます。

しかしそこから一気に血糖値が下がるので
上がったり下がったりの振り幅が大きいと
食欲が抑えられなくなるのです。

ストレスは脳が精神を落ち着かせようと
余計に甘いものを欲するようになるので
食欲⇔甘いもののスパイラルに長らく
どっぷりつかりっぱなしになっていました。

気づいた時にはだらしない体型に

「10年ほど会ってないけどすげぇ太ったな!」
男性の仕事仲間に久々に会って開口一番に言われた言葉。

私を見慣れたいつもの仕事仲間は
徐々に徐々に目方を増していく私には
気づかなかったようです。

本気で驚かれてこっちもびっくり!

え?そんなに変わった?

ゴムの入ったロングスカートが楽で
そういえばジーンズ履くことがなかったな。

いつもスキニーしかはかないので
太った痩せたはジーンズをはいたら分かるんです。

どれどれ久々にスキニーはいてでかけようか。

入らん。

足の半分も入らなかった!
驚きすぎてひっくり返りそうになりました。

体重計にも乗ってない。
怖くて乗れない。

確かに全体的にごつくなった気がする。

呆然。

睡眠不足とストレスと適当な食事が原因

腹が満たされればよいという適当な食事、
極端に短すぎる睡眠、ストレスの増長。

一時的に満足感が得られる甘いもので
毎日をごまかしごまかししてきた結果。

意志の薄弱も一因かもしれないけど
自分の体をないがしろにしてきたのが原因です。

知らず知らずのうちにホルモンバランスを
崩していたのでしょう。

足はパンパン、お尻は四角く、
上半身は分厚くなってました。

痩せたい!でも食べたい・・
運動もしたくない!甘いものも我慢できない!

幼いころから運動音痴

特に走るのが苦手です。
部活は吹奏楽でした。

運動をした経験がありません。

今更痩せるために運動しろと言われても・・。

世の中にはおいしいものがいっぱい♡
食べるな!我慢しろ!と言われても・・。

どうしたものかと思案していた矢先。

考えが激変する出来事が勃発

実母が倒れたのです。

実母は重い糖尿病。
低血糖で夜中にぶっ倒れ朝方私が発見し
救急車で運ばれました。

低血糖脳症の診断。

脳は糖で動いているのでその糖が遮断された
状態を朝方発見のため何時間経過しているかが
はっきりせず。

脳のどの部分が壊れてしまったのかは
はっきりしない状態でしたが
目覚めた時には認知症になっていました。

我が家は糖尿病家系。

何か月も入院しリハビリを重ね
今は毎日デイサービスに通っています。

毎食後の薬を欠かすとまた
低血糖で倒れてしまうのです。

家で自分で薬を管理し決まった時間に
服薬することが彼女にはもうできません。

なのでデイサービスに
お世話になることになりました。

運動したくない、甘いものも食べたい。
カロリーを気にせず脂っこいものも
味の濃いものも食べたい。

はたと気づきました。

私もこのままでいけば実母と
同じ道を辿ってしまう!

今の私はまったく実母と同じことを
しているではないか!

初めて怖いと思いました。

し好はそう簡単に変わるのものではない

その時から甘いものを
毎日食べるのをやめました。

飴やチョコレートを買うこともなくなりました。

友だちとランチに行っても
デザートは頼みません。

でも甘いものが好きなのは
そう簡単には変わりません。

誕生日や誰かのお祝いなど
特別な日には遠慮なく食べるようにしています。

それこそストレスをためたら
大変です。

でも甘いものをやめたくらいでは
体型に変化は起こりません。

これからの課題は健康に痩せること。

太っていていいことは何もないし
それが原因で病気になって
後悔する人生を送りたくないです。

たくさんの芸能人の方のダイエット成功に心が動かされるRIZAPの情報はこちら!

痩せたい!でも食べたい・・
そんなあなたに今日から始められる3つのこと

1.炭水化物の摂取量に気を付ける

50代に若い人と同じ量の炭水化物は
必要ありません。

しかし極端な糖質制限は満足感が得られないため
間食に走ってしまいがち。

温野菜・キノコ類・海藻類・肉・魚を
バランスよく量もしっかり食べれば
ごはんやパンや麺はおのずと量が減ってきます。

炭水化物の摂取量に気を付けましょう!

2.楽しい食事時間にする

面倒くさそうにおいしくなさそうに食べるより
友人や家族とおしゃべりを楽しんで食べるほうが
満足感が得られます。

おしゃべりに花が咲きすぎて
食べすぎ注意です!

3.運動嫌いだけどやっぱり運動が必要

嫌いなんですよ、本当に。
出来ればしたくない。

でも、摂取したカロリーと排出するカロリー。
このバランスが崩れるから太るのは
よーく分かっているのです。

需要と供給。

このバランスを取るためには
どうしても運動をするしか方法がない。

若い頃は代謝がよく少々食べ過ぎても
次の日からの食事に気を配れば
プラスマイナスゼロに出来ていました。

何しろ50代の体は!
新陳代謝が落ちているので
若い頃と同じ量を食べ何もせずにいたら
太るに決まっています。

とりあえずウォーキングから始めようと。

運動嫌いが始められるのは
まずそこからだと思い至りました。

ひたすら速足で家の周辺を歩く!
カロリーを体が消費し始めるのは
歩き始めて30分過ぎから。

時間を作って速足で1時間歩く。

これを週3回するだけで
変わってくると思います。

問題は継続。

とりあえず結果は後回しにして
続けることを意識してみます。

この腹回り、なんとかしなくては!
アラフィフ、決意を新たに出発進行!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です