筋トレ時の頭痛に悩む・・その原因と改善方法を分析して実行してみた。

アラフィフ美容女子の皆様、
こんにちは!!

毎回自分を鼓舞し追い込んで
筋トレに励んでいるミティコです。

ウエイトは重いほうが
筋肉が付くと思い
結構歯を食いしばって
やってます。

いつの日からか
トレーニングを始めたら
血管が波打つかのような
ガンガンする頭痛に
見舞われるようになりました。

筋トレしている時以外
そんな症状はまったくなし。

原因は筋トレで間違いないんです。

筋トレの最中、呼吸を
止めてしまっているのかな?

歯を食いしばりすぎだから?

このままではトレーニングも
ままなりません。

同じように悩んでいる方が
いるかもしれないと
調べてみることにしました。

筋トレすると頭痛がする
ひどい時は吐き気が

頭痛の原因

ひとたび頭痛が始まると
ジムから帰ってからも
頭痛が収まりません。

トレーニングができないのは
困るので早く解決したい。

脳外科に行ってCTを撮りましたが
特に異常なし。

なかなか収まらず2回受診。

先生も首をかしげるばかり。

薬を飲んでからトレーニングを
しなさいと薬をもらいましたが
原因が分からないのに薬を
飲んでも仕方がない。

パソコンであれこれと
調べるうちにこれだ!!
間違いない‼と
たどり着いた答えが。

労作性頭痛。

初めて聞く名前。
条件がぴったり当てはまる!!

労作性頭痛とは

症状としては
運動の真っ最中に始まり
運動を中止しても
続きます。

はっきりとした原因は
分かっていませんが
5分から48時間続くと
言われています。

頭全体が脈を打つように
ガンガンし、
ひどいと吐き気をもよおします。

男女差はなく筋トレのみならず
ランニング・テニス・水泳など
あらゆるスポーツで症状が
見られるようです。

筋トレと頭痛の関係性は?
急な症状にどう対処するか

薬に頼りたくない

まずは深刻な病気が隠れていないか
病院で確認が必要です。

深刻な病気の症状だったら
大変だからです。

私は2回も受診しましたが(笑)

あらかじめ薬を飲んでから
トレーニングしてはどうか?と
医師に言われましたが
どこも悪くないのに薬は飲みたくない💦

薬を使わず頼らず
解決したいと思いました。

しかし毎回トレーニングのたびに
苦しむのは困る。

対策を練ることにしました‼

改善策1.トレーニング中に水分を取る

脳の血管が急激に攣縮するのを
防ぐにはと考えました。

トレーニングする前に
水分を摂るようにしました。

血流をよくしてから
トレーニングに臨む。

トレーニング中も
こまめに水分を取って
血の流れをよくすること。

プロテインを既定の水の量より
少し多めに溶いて
トレーニングの合間合間に
積極的に摂取しました。

改善策2.体を温めてから筋トレ

さぁ、始めるぞ!と
いきなりマシーンに
取り掛かっていました💨

マシーントレーニングの前に
軽く手首や肩を回したり
屈伸したりして体を温めて。

体がびっくりしないよう
ストレッチをしてから
トレーニングに入るように
しました。

改善策3.負荷を減らす

この際無理せず負荷を減らそうと💦

トレーニングできなくなるのは
困るので仕方なく。

重い負荷で行うのではなく
1つ負荷を落として
正しい姿勢で筋肉を動かす。

その分少し回数を増やしました。

すると歯を食いしばることが
減ってきて筋肉を意識する
余裕が出てきました。

改善策4.呼吸を意識する

急激に頭に血がのぼってしまい
血圧が上がると頭痛がするのかと
考え、しっかり酸素を送ることを
意識するようにしました。

トレーニングに必死になるあまり
呼吸を止めてしまっているのかも
しれないと思ったからです。

意識するのとしないのでは
大違いなので
吸っては吐く、吸っては吐くと
自分に号令を掛けながら
取り組むようにしました。

改善策5.炭水化物を抜かない!

糖質制限に傾倒するあまり
ここ1年ほど炭水化物を
ほぼ取らない生活を
実行していました。

ところが筋肉のしくみを
勉強していくにしたがって
筋肉を作るには炭水化物が
不可欠なことを知りました。

筋肉が動くためのエネルギーは
糖分です。

炭水化物を取らないということは
筋肉を動かすためのエネルギーが
足りないということ。

すると脳は筋肉を分解して筋肉から
糖を調達しようとします。

筋肉を鍛えているつもりが
なんてこと💦

なので食べ過ぎはいけませんが
適度に摂取する必要があります。

直接頭痛とは関係がないかもしれませんが
偏った食生活は改めたほうが
よいと考えました。

何事もバランスが大事ですね。

筋肉に関しての記事は
こちらをどうぞ。

筋トレ時の頭痛を防ぐために
気をつけたいこと5つ

冷やすのではなく温める

頭がドックンドックンして
どうにもこうにも耐えかねる
痛みです。

肩や首の緊張からの
原因の場合もあります。

ホットタオルで首の後ろを
温めたり肩を温めてみてください。

多少軽減します。

違和感があったら中止

あ、これはいかんなと思ったら
すぐトレーニングを中止します。

ごり押しすると長引きますし
悪化しかねません。

経験上症状は少しでも出てきたら
まず消えないので
違和感があった時点でやめます。

睡眠をしっかりとる

寝不足状態で無理をすると
頭痛にもケガにもつながります。

乳酸の溜まった筋肉の
疲労を回復させるためにも
しっかり良質な睡眠を
取りましょう。

バランスよく栄養を摂取

何か1つの食材だけを食べたり
飲んだりしても効果はなし。

たんぱく質・脂質・糖質・
ビタミン・ミネラルの
5大栄養素をバランスよく
摂取すること。

毎日の積み重ねが
自分の体を作ります。

ストレスをためない

健やかな体を作るための
筋トレです。

心がうまく開放されていないと
体にゆがみが生じてしまいます。

悩みながらの筋トレでは
頭痛を増長しかねません。

ストレスを解放する
方法を見つけましょう。

筋トレ時の頭痛、
労作性頭痛を改善する!まとめ

特に悩みがあったわけでもなく
ストレスをためていたわけでも
なかったのですが
あれこれと改善策を試しているうちに
労作性頭痛がなくなりました✨

トレーニング行く行かないに
関わらず、朝食では
必ず米を食べるように改めました。

こまめに水分を取るのも
改善につながったかと思います。

このままトレーニングが
できなくなったらどうしようかと
本当に悩みました。

様々な改善策で治らなかった場合
また違った病気が隠れているかも
しれないので素人判断せずに
受診してくださいね。

健康と美容のためにも
筋トレは不可欠!

無理せず細く長く続けて
いつまでも姿勢のいい
ハツラツとした人生を
歩んでいきましょう🎶

筋肉が我らの老後
左右する🔥

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です