便秘を解消したい!!運動不足が招く?それとも体質?正しい知識でスルッと出そう!

こんにちは!ミティコです。

頑固な便秘にほとほと参っています。

食べたらすぐに出る人がいて
うらやましくて仕方ない。

すぐ出る人ってなんとなく
痩せてる人が多い気がします。

便秘だけが理由じゃないけど
何日も出ない日が続くと
お腹がポッコリしてきて苦しいのがつらい。

薬は常習しそうで怖いし。

便秘の正しい知識を手に入れて
すっきりした気持ちで
毎日を過ごしたいのです。

更年期障害はアラフィフの悩みの種。
元気に過ごしたいから知っておきたい! ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

便秘を解消したい!方法を探してみよう。
そもそも便秘ってどういう状態?

毎日出ないからといって
すべてが便秘ではありません。

しかし日本内科学会では3日出ないと
「便秘」であるとされています。

何日も出ておらずいきんでも
音沙汰ない状態は本当に苦しいものです。

なぜそのような状態になるのでしょう?

便秘の原因

1.食事量が少ない

ダイエットや偏食で食事量が少ないと
かさや水分量がへって
便がカチカチになってしまいます。

食事量が減ると食物繊維の摂取量も減るので
便秘を増長させてしまいます。

油物を減らすと便のすべりが悪くなり
ますます出にくくなってしまいます。

2.ストレス

ストレスをためると自律神経のバランスを崩し
腸の蠕動運動が鈍くなります。

そのため便が出にくくなってしまうのです。

3.生活が不規則

朝食を抜いたり、3度の食事を
食べたり食べなかったり。

いつも同じ時間に食事が出来なかったりと
生活が不規則になると
自律神経が乱れて便意を感じにくくなり
便秘が常習化してしまいます。

4.便意を我慢する

女性は男性に比べて腹筋が弱いので
便秘の人が多いのです。

忙しいからと便意を我慢していると
便意を感じにくくなり
トイレに行きたい気持ちも
引っ込んでしまいます。

便意を感じているのに無視していると
自律神経の働きが鈍り
便秘を助長します。

症状はさまざま

1.やたらとおならが出る

便が大腸に長く留まると
アンモニアなども匂いの強いガスを
発生させてしまいます。

だから匂いも臭いのです。

ガスが溜まっていくので
パンパンになり
お腹が張るという状態になるのです

腹痛などの症状が出ることもあります。

2.ニキビなどの肌荒れ

腸とお肌は密接な関係があります。

腸内に長時間とどまった便が腐敗し
有害物質が発生してそれを腸壁が
吸収してしまいます。

血流にのって有害物質がお肌に
運ばれてしまうのです。

ニキビ・くすみ・肌のツヤや
ハリがなくなるなど
肌トラブルに見舞われます。

3.無理ないきみで痔になることも

出さなきゃ!とイライラして
無理やりいきんでしまうと
痔や脱肛になることも。

硬い便を無理やり出そうとすると
肛門が切れて出血することもあります。

4.食欲がなくなる

腸に便が詰まっているので
新たに食べ物を消化して
腸に送り込むことができず
食欲不振になることがあります。

吐き気をも引き起こすこともあります。

便秘を解消したい!食べ物との関係を考える

腸内環境をよくする食品を取り入れよう

1.食物繊維はたくさん取りたい

食物繊維は腸で吸収されず
便として排泄される栄養素です。

直接便のかさになるので
多く摂取すればするほど
便のかさ増しになり
便を押し出してくれます。

食物繊維を多く含む食材は
いも類・キノコ類・豆類
海藻類や菜っ葉などの野菜類。

意識して取るようにしたいですね。

2.油物は腸内の通りをよくする

取りすぎはカロリー過多になるので
要注意ですが取らなすぎも要注意です。

適度に食べると便の通りがよくなります。

3.発酵食品を取り入れよう

納豆やキムチ・漬け物などの
いろいろな発酵食品を食べましょう。

同じ菌ばかりを摂取するのではなく
いろいろな菌を取り入れるのがポイント。

4.乳酸菌は便通をよくする味方

ビフィブス菌や乳酸菌を含むヨーグルトは
腸内環境を整えます。

フルーツと一緒に食べたり
いろんなフレバーを楽しめたりするのも
手軽に取り組める方法と言えます。

5.炭水化物を極端に抜かない

炭水化物には食物繊維が多く含まれます。
便のかさ増しに最適なのです。

極端に抜くということはかさが減るということ。
便秘を助長しかねません。

適度に摂取することが望ましいです。

6.水分をしっかり取ろう

水分が不足すると便がカチカチになり
腸から出にくくなります。

起き抜けに1杯の水を飲むと
胃が活発に動き腸の煽動運動を促してくれます。

朝一の習慣にしましょう。

便秘を解消したい!
体操やストレッチなどで便通をうながそう。

体操やストレッチで血流をよくしよう

運動不足による筋力の低下、
特に腹筋が低下すると
便を押し出す力が弱くなってしまいます。

ハードな筋トレは必要ありません。

腸の煽動運動を促せばよいので
朝起きぬけのストレッチや
軽い体操などがおすすめです。

全身の血行を良くして胃腸の動きを活発にし
腸を元気にすることが効果的です。

日常的に運動をする習慣を
身に着けましょう。

ツボ押しやマッサージも効果あり

マッサージやツボ押しで
腸を刺激し排便を促すのもよいでしょう。

おへその周りを時計回りに30回
優しくマッサージしてみましょう。

寝る前やお風呂上がりの
リラックスした時間を利用するのが
おすすめです。

「合谷」ごうごくという
便秘の改善を期待できる手の甲の
ツボを押してみましょう。

親指と人差し指の付け根の骨の
真ん中にあります。

緊張を解き筋肉をリラックスさせる
効果があり便秘解消に有効です。

この症状ってもしかしたら更年期障害かしら?
悩んでないですっきりしよう!↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

便秘を解消したい!!
正しい知識でスルッと出そう まとめ

今回は便秘の原因や症状、
改善策などをしっかりお勉強してみました。

今日からできる便秘解消策をまとめます。

1.野菜・芋類・豆類・海藻類など
食物繊維をしっかり摂取する。

2.納豆やキムチなどの発酵食品を
取るようにする。
ヨーグルトなどの菌活も有効。

3.運動して筋力をアップし
腸の動きを活発にする。

4.適度に炭水化物を摂取する。

5.水分をしっかりとる。
起き抜けの1杯が効果的。

6.油物を極端に抜かない。

いかがでしたか?
腸が元気でないとやせにくい体に
なってしまいます。

便秘はダイエットにも大敵。

腸内環境を改善することによって
胃腸が整えられ太りにくい体を
作ることができます。

ダイエットと称して
炭水化物を抜いたり油物を抜いたり
していたら腸活にはマイナスだということが
分かりました。

便秘解消はダイエットの道にも
続いているのですね。

ここでもやはり運動の必要性が
明らかになりました。

ハードである必要はありませんが
筋トレ&ウォーキングは
無駄ではないのだと改めて知りました。

アラフィフ女子の試練は
まだまだこれから。

食事の改善・適度な運動・
ストレス発散で
便秘の解消を目指し
素敵なアラフィフライフを過ごすのだ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です